2021欧洲杯足球锦标赛_体育投注官网~

图片

濰坊国家農業開放発展綜合試験区11条の支持政策

Font size:        

濰坊国家農業開放発展綜合試験区は濰坊市全域をカバーし、2018年8月31日に国務院の批准によって建設され、11条の支持政策を与えられた:

 (一)国外プロジェクトの請け負う項目での自用農産物及び副産物(糧食及び製粉は除く)、食品、設備輸出審査批准監督管理の新モードを探索して試行し、食品供応検査監督管理モードの革新、「合格仮定」制度の押し広め、快速通過メカニズムなど(目的地国家/地区では特殊要求がある場合は除く)の設立を含む。

 (二)農産物検査検疫新モードを構築し、進出貨物の事前検査制度、一回的検査申込とバッチ消し去り制度やリスク評価制度(目的地国家/地区では特殊要求がある場合は除く)を押し広める。濰坊綜試区ないで加工して使用される輸入した水産物、植物及びその製品、原皮、動物性飼料などに対して、指定港の規定によって、集中検査検疫を実施する。

 (三)検査検疫行政審査批准管理モードを革新し、検疫に対する監督管理能力を高め、輸入する動植物検疫審査批准を最適化させる。

 (四)核心エリアで輸入農産物、食品体験店及び直売センターの設立を支持する。

 (五)銀行や関連業務資格のある支払い機構と国外銀行や支払い機構が多国間の支払い協力を許可する。

 (六)市場主体が多国間の投資と融資革新を行うことを支持する。

 (七)人材導入と労務輸出のプロセスを簡素化させ、個人需要事項の全過程サービスを高効率に提供する。同時に、導入した外国人材にビザ、仕事許可、居留許可と永住権を取り扱うことに積極的に便利を与える。

 (八)人材育成体系と激励メカニズムを設立し、知的財産権の価値実現形式、、科学研究機構と専門家成果転換収益などを重点的にめぐり、有効的な人材制作を探索して試行する。

 (九)条件にふさわしい免税輸入した科学設備を国家ネットワーク管理プラットフォームに納入して統一的に管理し、農業研究開発機構、重点実験室などの機構をプラットフォームユーザーに納入し、集約化使用効率と科学技術研究開発水準を高める。

 (十)特色優勢農産物が地理標識保護を獲得することを支持し、原産地地理標識製品が国際相互認証保護に参加することを支持する。

 (十一)小麦、トウモロコシの新種育成と種の生産に対して、外資の持ち株比例をゆるやかにし、最高は66%に達せる。